メニュー

コラム - ミライ経済Lab.株式会社‐企業改革に関するお悩みをサポート

コラム

“ ニューノーマル ” に振り回されない

カテゴリ: コラム 作成日:2020年08月28日(金)

こんにちは。ミライ経済Lab.株式会社 代表の神田千鶴です。

 

今日は、総理大臣が辞意表明、というニュースに驚きましたが、

次の首相は、何を基準に選ぶことになるんでしょうね。

喫緊の課題はコロナ対応、関連してオリンピックと経済総崩れの死守ですから

政策論議にならないでしょうし。

まぁ、首相を直接選ぶわけでもないので、見守るしかない一国民です。笑

 

 

最近、よく耳目にとびこんでくるようになった “ ニューノーマル ” という言葉。

総理大臣が変わったからといって、新しい常識が刷新されるわけでもなく、

どう受け入れるのか、みたいな話題は、もうしばらく続くのかな、と思っています。

 

この言葉、元々はリーマンショックの時にうまれた言葉らしいというのを

私は今回、ネット検索して初めて知りました。

リーマンショックの頃は、もう会計士として監査の仕事をしていて、

経済用語には割と敏感だったはずなんですが、

そんな言葉を見聞きした覚えがまったくない、、、です。

 

当時、私が担当していた企業も業績がとんでもない事態になり、

監査上、難しく厳しい判断をしないといけない場面があったことは、よく覚えているのですが。

もしや、

当時の日本、そして企業は、『じっと我慢する』ことでやり過ごすことができたからでは。。。

新しい常識、常態を構築し、受け入れる必要が、結果としてなかったのでは、

と、いうのが私の仮説ですが、

当時の自分の周辺実態をおぼろげに思い出しての「感想」にすぎないので、ご容赦を。

 

今回の場合は、外出するな、人と接触するな、という

全国民に『じっと我慢する』ことが求められた事態で、しかもまだまだ、出口が見えない。

企業も『じっと我慢する』ことは、とっくに始めているけれど、いつまで耐え忍べばいいのかわからない。

こうなると、さすがに、 ―非接触―  を新常識と位置付けて、対応せねば、

となるわけですね。きっと。

 

そう判断して、大胆な動きを始めたみなさまには、拍手したい気分です。

仮にコロナ禍がなかったとしても、昨日の正解は今日の不正解になるような時代です。

風を感じたら、たとえ微風でも乗ってみる。

昨日までの正解を否定することも厭わず。

もし違うと思えば、さっさと降りればいいだけのことです。

途中で降りたら、そこまでのコストがもったいない、なんて思って動けないでいるとしたら、

それは、

「前向きコスト」と「後ろ向きコスト」の定義がちぐはぐになってるからです。

失敗するかもしれない新しい試みは「後ろ向きコスト」と思っていませんか?

今を維持させるための改善コストを「前向きコスト」としていませんか?

後者は明らかに「後ろ向きコスト」です。

どちらのコストに重きを置くべきかは、言うまでもないですよね。

 

でもきっと、

頭では理解している、だけど、、、

というのが大半なのでしょう。

 

個人も企業も

とりあえずの1歩は踏み出せても、

大胆な新しい試みの方向には、なぜ1歩を踏み出せないのでしょうね。

 

自分には先を読む能力がないから1歩を踏み出す勇気がない、

と思っているのでしょうか。

ピンチはチャンスだ、なんていうけれど、

どうやってピンチの中にあるチャンスを見つければいいんだよ、と思ってるのでしょうか。

 

そう思っているなら、私、断言してしまいますね。

先が読める人なんて誰一人いません。

ピンチの中にあるチャンスを見つけれる人なんて誰一人いません。

安心してください。

 

ニューノーマルは、こうなる、みたいな記事に

不安にならないでください。

ニューノーマルには、こう対応すべき、みたいな意見に

惑わされないでください。

 

先を読もうなんて考えを捨ててください。

チャンスを見つけようなんて考えを捨ててください。

 

やるべきことは、

自分がシアワセを感じれる世の中って、どんな状態なのか、

あなたの大切な人たちが喜ぶ世の中って、どんな状態なのか、

それをただただ考えること。

誰が何と言おうと、自分は、こう思う!というところに達するまで。

 

それが固まれば、あとやることは、唯一つ

それの実現に爆走することです。

「そんな世の中にはならないと思うよ」と周りに言われたとしても、

「いや、自分が、そういう世の中にするから、なるんだよ」と静かにニッコリ微笑みましょう。

 

チャンスは、見つけるものでなくて

自分で創るもの

 

私はそう確信しています。

 

 

 

2年ほど前、

有名企業の元役員など重鎮の方々がいる宴席で、私は、

酔っぱらっているフリをして、

「今の経営には、浪漫がない! 世の中がどうなるか、ばかりを気にして、

世の中をどうしたいか、という浪漫が今の経営者たちにはない! これは危機です!!」

と結構大きな声で言ったことがあります。

 

すると、高度成長期を支えてきた、ある重鎮の方が

私に握手を求めてくださいました。

「キミの言うとおり!よく言ってくれた! 浪漫、いい言葉だ!」 と。

 

 

あなたは、浪漫を抱いて仕事をしていますか。

 

 

これを機に、

この先どうなるか、なんて考えるのは止めて、

この先をどう創っていこうか、を考えてみてはいかがでしょうか。

ぜひ私と一緒に!

東京女性経営者アワードの審査員になりました

カテゴリ: お知らせ 作成日:2020年09月01日(火)

東京都知事の「女性経営者の規模拡大を応援したい」という思いからスタートしたプロジェクトの1つとして、

東京で事業を営む女性経営者の表彰が企画されました。

 

この度、弊社代表の神田千鶴が当企画の審査員を拝命いたしました。

 

 企画内容は、コチラ↓

https://tokyonew.newconference.tokyo/event/award.html

 

募集対象に該当する方、ぜひご応募お待ちしています。

また、募集対象に該当する女性経営者のお知り合いの方々、

ぜひ当企画をご本人にお伝えください。

 

多くの方のご応募を心待ちにしております!

“ ニューノーマル ” に振り回されるな、 と半沢直樹は言っている⁉

カテゴリ: コラム 作成日:2020年09月30日(水)

こんにちは。ミライ経済Lab.株式会社 代表の神田千鶴です。

 

前回8月のコラムでは、“ ニューノーマル ” という言葉に呑まれて

この先どうなるか、なんて不安になるのは止めて、

この先をどう創っていこうか、を考えてみませんか、とお伝えしました。

 

自分で未来を創る、というと身構えてしまいそうですが、

「こうなれば、いいのになー」 から考えてみる、

というとハードルが下がりませんか。

 

私の場合は、

日頃から「こうなれば、いいのになー」 ばかり考えていて、

数十年経ってから自分が思い描いていた様になったりすると、

お、時代がやっと私に追いついてきた なんて勝手に思ったりしています。

 

 

私の「こうなれば、いいのになー」 のひとつで、

まだ自分が思い描いているようになっていないものに、

“銀行のあり方” があります。

 

先日、大人気のTVドラマ 半沢直樹 が終わりましたね。

善が悪を懲らしめ、最後は1,000倍返し!というのが爽快なのかもしれませんが、

私は、善と悪の対立って、非現実的であまり好きではありません。。。

でも、このドラマを私も欠かさず観ていたのは、

自分が思い描いている銀行のあり方が、

あのドラマにメッセージとして込められていたからです。

*************************************

銀行は、経済を支えていく可能性豊かな企業を発掘したり、支えたりすることで

経済を創っていくという大役を担っていることの自覚を思い出せ、

自社や自身の保身や利益に固執していることの恥を知りなさい。

*************************************

全世界のバンカーが胸に手を当てて懺悔して欲しい、

土下座!土下座!と安易に言いませんが、

ホントにもう、悔い改めて欲しい、と思ってしまいます。

 

そう言うと、バンカーの方から

「いやいや、金融庁の“ご指導”の下で自由になんてできないんだよ」

「フィンテックの驚異、マイナス金利、、、環境に対応しようと、できることは必死にやってますよ」

と反論がきそうですね。

 

ならば、

銀行が変わろうとしているのか、自分で確かめたい。

そのいい機会と思い、

弊社としてコロナ対策特別融資を民間銀行に申請してみました。

結果は。。。。。。。

 

ご融資できません。

だそうです。

 

まぁ、結果に反論するつもりはないです。

評価は他人がするものなので。

 

ただ、やっぱり銀行は変わっていない、というのが体感です。

何の確認も質問もなく、提示した書類をもって結論を出されたので。

今は、膨大な融資申込み数でしょうから、1次審査は書類で完結というのは合理的なんでしょう。

でも、合理的処理を持ち込むべき場面ではないのでは、

と思うのは私だけでしょうか。

 

回答は、書面でもメールでもなく電話というのは、まだよかったと思いますが、

「形式的な審査で恐縮です」と何度も言う担当者の方は、

どんな気持ちでその言葉を放ってるんだろうな、と不思議でした。

 

融資却下の理由も、表面的なものしか伝えられないと感じ、残念でした。

「御社は、設立間もなくて、あの、、、その、、、ご実績を評価するのが難しくて、、その、、、」

「要は、弊社はまだ信用に値しないという理解でいいでしょうか」

「い、いえいえ、社長は公認会計士でいらっしゃいますから、信用がないというわけでは、、、」

こういう、建設的とは対局の、生産性のカケラもない対話がしばらく続きました。

説明機会がないので詳細説明していない中長期の計画が、第三者にはどう映るのか、

それもわからないまま、ただただ気を遣われて終わりました。

 

 

半沢直樹が子供の頃に抱いた、銀行への恨み、嫌悪感ほどではないですが、

私も似たような経験をして、銀行への違和感はずっと抱えているので、

今回の体験は、本当にガッカリの一言です。

 

 

銀行が本来の役割を見つめ直したから、

元気な企業が経済を牽引し始めた

 

 

そうなれば、いいのになー

 

 

まだ暫くは思い続けると同時に、

私は私のやり方で、企業が元気になるように支援をしていくぞ、

と決意を新たにしました。

 

 

自分がやる事の成果は小さくても、やがて仲間が増えて大きな効果につながるはず。

バタフライ効果を無条件に信じている私の仲間になってくれるのは、

このコラムを読んでくださっているあなたかもしれませんね。

 

 

協働できる日が楽しみです!

(少し煽ってみました。笑)

韓国株式市場の「騒動」に学ぶ

カテゴリ: コラム 作成日:2020年10月30日(金)

こんにちは。ミライ経済Lab.株式会社 代表の神田千鶴です。

 

今回のコラムの題材、唐突だな、と思われたかもしれません。

でも、私にとってはタイムリーなんです。

なぜなら、鬼滅の刃よりも韓国ドラマにハマっているから、韓国の出来事にフラグが立つのです。

 

少し前に日本で多くの人がハマった現代ドラマではなく、

韓国で2年前に放送された時代劇なんですけどね。

ストーリーにハマり、主役の男性の演技にハマり、

その主役が人気アイドルグループのボーカルだと知って、毎日YouTube三昧です。

 

 

そんな時に飛び込んできたのが、

いま絶大な人気のアイドルグループ BTSを擁する事務所のIPO(新規株式公開)のニュース。

 

私がハマっているのは、BTSではないので、

上場直後に株価が公募価格の2倍以上急騰したというニュースを見た時は、

BTSめ、やるなーと勝手に対抗心を感じたのですが(笑)

その後、株価は急転直下の大暴落!!

 

私がみたニュースによると、要因は、

BTSのメンバーが、中国に関する発言をし、

その発言に対し中国世論がBTS批判を始めたから、だそうです。

中国ではBTSを起用する広告などが削除されたり、不買が起こり、

業績悪化不安から株が売られた、と。

 

ん…

なんともタイミングが不自然だな、と個人的には思うので、

仕掛け人がいて、今頃、世界のどこかでほくそ笑んでいるのではないか、

と訝しく思ってしまいます。

 

 

このニュースで私が注目したのは、

BTSを応援する一環という感覚で、株式を購入したファンの人々が

結構いたということ。

そして、購入から短期間での株価暴落を受けて

「貯金をつぎ込んだのに損した。払戻してほしい」

「株って返品できないの?」 

みたいなコメントがSNSにあがっているということ。

 

何人のファンが、どれぐらいの金額をつぎ込んで株式を購入し、

何人の人が、返金や返品と言い出しているのかは不明ですが、

少なくとも、

投資に対し、返金や返品を求める人がいる、というのが事実なら、

自分が生活している国の経済がどういう仕組で回っているのかを学生のうちに学んでおくことは、

とても重要なことだと改めて感じました。

 

 

日本では、

高齢者が投資詐欺にあったというニュースを時々みかけますよね。

「金利10%と言われたから、お得だと思った」なんていう被害者のコメントには、ため息がでます。

自分が生活している国の経済がどういう仕組で回っているのかを学生のうちに学んでいれば、

超低金利の今の日本で、いや、世界中で、

元本+10%を稼ぐことができる人がいるんだ、へーすごい、その人にお金を預けよう、なんて

思わないはずなんです。

 

逆に、

自分が生活している国の経済がどういう仕組で回っているのかを学生のうちに学んでいれば、

正しい投資が何かがわかり、不必要に恐れることもなくなるんです。

 

 

 

今回、韓国市場で株式を購入したBTSを愛してやまないファンの人たちは、

「投資って怖い」と植え付けられてしまった気がします。

それが残念でなりません。

 

日本ではそうならないように、

これからも弊社は、研修やセミナーで啓蒙に力を入れていこうと

改めて決意した出来事でした。

働く女性のためのメンター制度を立ち上げました

カテゴリ: お知らせ 作成日:2020年11月12日(木)

この度、働く女性のためのメンター制度を立ち上げました。

2020年11月11日~12月15日の期間にお申込み頂いた方限定で

パイロットテスト期間特別料金にてサービスを提供させて頂きます。

 

サービス詳細の説明、お申込みをご希望の方は、コチラからお問い合わせください。

お申込み希望者で、弊社より申込書を取得された方は、コチラから『ご案内とご注意事項(ご利用規約)を確認の上、お申込みください。

 

また、よくある質問を一覧にしています。コチラもご確認ください。

 

アメリカ大統領選挙で思い出したこと

カテゴリ: コラム 作成日:2020年11月30日(月)

こんにちは。ミライ経済Lab.株式会社 代表の神田千鶴です。

 

アメリカの大統領選挙、まだゴタついていますが、

一応、結果は出ましたね。

4年前は、ヒラリーさんが「ガラスの天井を打ち破れなかった」と敗北宣言し、

今回は、カマラさんが「ガラスの天井にヒビを入れた!」とマスコミが大騒ぎしています。

 

この 『ガラスの天井』 理論は、

起業した女性経営者をも縛っているのだな、、、

最近、ふとそう思いました。

 

 

弊社は来月で創業2年を迎えますが、

この2年間、

女性経営者を支援させて頂くことが何度もありました。

対象は、創業期から成長期にある会社の経営者の方々で、

どの女性経営者も皆さん前向きでアグレッシブでエネルギッシュ。

会話していても、こちらまで元気を頂きますし、とても頼もしく感じます。

 

なのですが、、、

 

同時並行で支援している、成長期にある会社の男性経営者と比べると

成長のスピードもボリュームも全然違う。

と、いう気がしたのです。

 

パワフルな経営者というのは共通なのに、

男性と女性で違いがでるのかしら、、、

 

考えてみて1つピンときたのは、

有益な経営者用ネットワークを持っているか否か、

ではないかということ。

 

 

企業の役員に女性が少ない一因が

オールド・ボーイズ・ネットワーク(元IBM取締役 内永ゆか子さんの言葉)の存在

というのはよく聞きます。

ベンチャーの世界もご多分に漏れず

ベンチャー・ボーイズ・ネットワークが確立しています。

ベンチャー経営者同士で切磋琢磨したり、

大企業の先輩に助言を求めたり

経営を推進するための強力な “武器”を持っています。

 

これに対して、女性経営者は、そんなネットワークを持っていないし、ツテもない。

そういう方が多いのでは、という気がしました。

もちろん、女性経営者で有益なネットワークをお持ちの方はいますし、

ベンチャー・ボーイズが彼女らを疎外しているのでもありません。

もし彼女たちがそのネットワークを知っていても、加わっていない可能性も高い。

なぜなら、ベンチャー女子たちにはボーイズの空気が合わない気がするのです。

 

なぜ空気が合わない気がするのか。

 

それは、

『経営』との向き合い方が、決定的に違うから

ではないかと思っています。

 

 

私の見聞きしてきた経営者たちを思い浮かべての自論なので、完全なる偏見で、

ベンチャー業界全体を示唆する普遍的な事実ではないことを念押しして続けます。

 

 

一言で表現すると、

ベンチャー・ボーイズのスタンスは、パラシュート型 

ベンチャー女子のスタンスは、ビラミット型

に私にはみえています。

 

つまり、ベンチャー・ボーイズは、目標点まで想像の中で一気に飛び、

さあ、ここにくるまでにどういう道を辿ろうかと

パラシュートで降りながら、考えながら、現実の地面へ着地してくる

自分に足りないものが明確なので、上手く支援も使える。

 

これに対し、ベンチャー・女子は、まず現実の地面を見つめ、

その場で、ピラミットをぼんやりと想像しながら、さて、どうやって石を積んでいくか、と考える。

下から着々と積み上げて、その度に自信をつけて次に進む。

そしてある日、急に天井にアタマをぶつける時がくる。

想像したピラミットが完成するまで、まだまだなのに、、、

誰も何も教えてくれなかったし、今から誰に何を聞けばいいんだろう、と困り果てる。

 

 

ガラスの天井というのは、

元々、ピラミット型のスタンスである女性が、

必然的に遭遇するものなのだと、改めて感じました。

ならば、

下から天井を見上げて叩き割ろうとするのでなく、

意識的にパラシュート型になって、

屋根から下に向けて勢いよくお尻で飛び乗れば天井ぐらいすぐ壊れるのでは。

と、思うのは楽観すぎるでしょうか。

 

パラシュート型の経営スタンスだと、

  • 経営のスピードが圧倒的に早まります
  • リスクテイクが大胆になります
  • 過程に満足せず、成果へ執着するようになります
  • 将来ビジョンのスケールが大きくなります

なぜなら、目先の目標でなく、最終ゴールを最初に、明確に見据えているからです。

 

念の為申し添えますが、ピラミッド型が悪いという話ではありません。

出来上がってしまっている“元”男性社会の経済界で、しなやかに女性が経営していくには、

したたかな戦略行動も必要で、発想の転換も一考だということです。

パラシュート型に転換すれば、アドバイスをもらえる人はたくさんいるでしょう。

 

でもやっぱり私はピラミット型、という人には、

ガールズ・ネットワークを構築するのも戦略のひとつですね。

試行錯誤し、切磋琢磨すると、すごい相乗効果も期待できそうです。

そんな女性経営者を支援する様々な『種まき』は既に始まっていますので、ぜひお楽しみに。

 

 

「ガラスの天井、昔あったね、そんな表現」と多くの女性が笑える日を想像しながら

精進するぞー!と思った出来事でした。

“ 価値 ” を考え直す機会だった一年の仕事納めに決めたこと

カテゴリ: コラム 作成日:2020年12月28日(月)

こんにちは。ミライ経済Lab.株式会社 代表の神田千鶴です。

 

本当はオリンピックで盛り上がるはずだった幻の2020年。

年末の世の中を見渡すと、無事に終わる、、、とは表現できませんが、

とにかく2020年が終わろうとしています。

 

 

様々なことを変化させなければならず、また実際に変化した年でした。

でも、いろいろ大変だったな、の一言で終わらせるのはもったいない。

今まで当たり前だったコトやモノについて、

これって「価値」あるんだっけ、

と考える機会を強制的に与えられたのは、すごいチャンスだと思います。

 

テレワークの浸透は否応なしに進み、

それに派生してWeb会議、Web飲み会も結構「日常」になりました。

Web上にお店をもつことも、コスト的、技術的に敷居がずいぶんと低くなりました。

なので、背に腹は変えられないと、思い切ってチャレンジしてみて

結果を掴んだというケースも実は多いのではないでしょうか。

 

弊社も、設立2年目ではありますが、このまま事業を続けることが

社会への貢献につながるのかを改めて真剣に考えました。

そのおかげで、熱く強い意思を持って新事業の準備を開始することができています。

 

 

 

企業が試行錯誤するのと並行して

個人も働き方や生活を見直すことになりましたよね。

副業、転職、起業などなど

平時には考えなかった人でも色々と思いを巡らせたのではないでしょうか。

 

今までの場所、役割に留まるとジャッジした人も含め、

自分のキャリアの棚卸しと方向性を整理して判断し、アクションを起こした人には

拍手を贈ります。

 

私は、自分の会社のことで頭がいっぱいだったので、

自分自身の見つめ直しはできていません。

年末年始を使って、Will Can Must 分析をしようと思っています。

まずはWill。何をやりたいか、から。

そしてCan。何ができるか、できているか。

最後に両者を埋めるMustの順で分析します。

まずCanからはじめると、必ずWillがチープになるので。

 

 

この一年をどうにかやり過ごしてきた方も

年末年始にぜひ自分分析をしてそれを可視化してみてはいかがでしょうか。

 

そして来年、うんといい一年に創り上げていきましょう!!!

Copyright © ミライ経済Lab.株式会社 All Rights Reserved.