メニュー

コラム - ミライ経済Lab.株式会社‐企業改革に関するお悩みをサポート

コラム

ベンチャー企業の監査役の役割をもう少し深く考えてみる

カテゴリ: コラム 作成日:2021年04月30日(金)

こんにちは。ミライ経済Lab.株式会社 代表の神田千鶴です。

 

先月は、ベンチャーの監査役の役割について、

監査役という役割をベンチャー企業ではどう位置付けているのかという実態分析と、

どう位置付けるべきかという私の考えを整理してみました。

 

今回は、

私が考える監査役の役割の1つ

『課題の指摘だけでなく、課題解消の道筋まで提案するという体制構築の一翼を担う』

を具体的に実行する場面について、考えをまとめてみます。

 

 

上場を目指しているベンチャー企業の監査役が上場企業の監査役と決定的に違うのは

IPO準備というイベントへの関わりがあることです。

ですが、私自身がWebで検索する限りにおいては、

ベンチャー企業の監査役の業務としてあげられているのは、

・各種会議への出席

・監査計画の策定、監査の実施と監査報告

・役員とのコミュニケーション

・内部監査人、監査法人との連携

など、上場企業の監査役と全く変わりない事項しか見当たりません。

 

これだと、

「ここができていない、あそこもできていない、、、」と指摘するだけの監査役ができあがりそうに思うのは

私だけでしょうか。

 

 

確かに、

監査役がまずやるべきことは、会社の課題の把握なので、

会議出席、役員とのコミュニケーションは必須です。

ただし、

これらの業務を無計画に始めてしまうと、次々に課題が見つかってしまい、

多数の課題の中で優先すべきなのは何か、

なぜそれを優先すべきなのか、

それをどう実行していくか、

に思いが及ばなくなります。

そこで、

私の場合、就任後すぐに実施したのは、

監査法人が会社に提示したショートレビューの報告書・監査実施報告書と

幹事証券会社が会社に提示した課題管理表の内容把握でした。

 

特に、幹事証券会社の課題管理表は、

組織体制の整備、運用、資本政策、労務、法務、経理、システム分野と、全方位の項目について

状況が示されているので、全社実態を把握するのに有効と思っています。

この表の項目1つ1つの内容を把握し、

次に俯瞰してもう一度眺めてみて、

どこが特に弱いかなど、会社の「特徴」を整理しました。

そして、弱い部分について、どの程度弱いのかを、

会議出席やヒアリング、証憑レビューなどで確認していきました。

 

それでも、次々と気になる部分が出てくるので、何を優先して対処すべきと考えるかは迷います。

唯一絶対の優先順位があればいいのですが、

課題の程度は企業によって区々ですから、それぞれの判断になるのが悩ましいところです。

 

私が監査法人に在籍していた時は、

IPO準備会社に、反社会的勢力との取引か労務管理違反があれば「アウト」

つまり、IPOのスケジュールが予定通りはいかない、と教えられました。

これらは、社会の公器として現在でも強く要求されることなので、この2点はまず優先して確認し

違反があれば早急に解消する対策が必要だとは思っています。

 

あと重要な項目は、「お金の出入り」でしょうか。

支払い担当者は経理と明確に決まっていて、現場のメンバーに権限がない仕組みになっているか、

入出金を記録する担当と、入出金処理をする担当は別人になっているか、

入金も出金も金額の確認が複数人で行われているか、などなど。

仕組みが整っているか、はあらゆる場面で確認が必要ですが、一番に確認するのは

お金周りの仕組みではないか、と思っています。

 

他の視点としては、

対処に時間がかかりそうなものを優先する、

逆に、すぐ対処できるものから手を付けることで、メンバーの達成感を醸成する

など、色々考えられますが、皆さんはどうお考えでしょうか。

 

 

私もまだまだ試行錯誤の連続ですし、自分が考える優先順位を役員に提言するのを

ためらうことも多々あります。

妙案があれば、ぜひ共有ください!

ベンチャー企業の監査役の監査計画を考えてみる

カテゴリ: コラム 作成日:2021年05月31日(月)

こんにちは。ミライ経済Lab.株式会社 代表の神田千鶴です。

 

先月は、ベンチャーの監査役の役割について、

IPO準備というイベントと、どう関わっていくかについて考えてみました。

 

今回は、

私が会計監査人から監査役に転身して一番驚いた 『監査計画』 についてまとめてみます。

 

監査役に就任して、監査役監査の情報を集めはじめて感じたことは、

監査手続については、監査手法の説明が多いな、ということでした。

いえ、むしろ、監査手法の情報しか目に入ってこないのです。

監査役の実施することは、

・各種会議への出席

・監査計画の策定、監査の実施と監査報告

・役員とのコミュニケーション

・内部監査人、監査法人との連携

などがあります、みたいな情報です。

 

 

これだけの情報で「監査役監査、大丈夫なのか。。。」

と老婆心ながらとても心配になっています。(現在進行形)

 

 

私が会計監査人として13年間で刷り込まれた監査手続きは、こんな感じです。

まず、企業分析。 

次に、同業他社と業界分析。

更に、経済全体の動向分析。

そして、これらを基にした当社のリスク分析と評価。

最後に、リスクに応じた検証のゴールを明らかにし、監査手続を決める

 

この一連が 『監査計画』 で、

これらをすべて監査調書に記録します。

 

ですが、監査役の監査計画調書の雛形を入手してみたところ、、、

分析部分のフォームはなく、いきなり監査基本方針と監査手続の例が列挙されていて、

めちゃくちゃ驚きすぎて、「うそ、、、だよね、、、」と思わず声が出てしまいました。

 

 

で、私はどうしたか、といいますと、

就任1年目

分析のための情報収集と企業理解をしていたら、あれよあれよと時が過ぎてしまい、

脳内で各種分析→リスク評価→検証ゴールの明確化 を終わらせ、

監査手続の部分だけ既存の雛形を利用させてもらって監査調書にしました。 泣

 

就任2年目(現在)

よし、当期は分析調書をつくろう! と意気込んだまま、

IPO準備のイベントにがっつり関与するのを優先しなければいけない事態になり、

脳内で各種分析→リスク評価→検証ゴールの明確化 を終わらせ、

監査手続の部分だけ既存の雛形を利用させてもらって監査調書にしました。 号泣

 

 

というトホホな状態ですが、

来期こそ、必ずや!と思っております。

 

特にベンチャーは、企業環境が月ベースで激しく動くことも“普通”なので、

決定したことの前提記録が残っていなければ、どこをどう見直しすればいいのかもわからなくなります。

 

監査計画は、期初に立てたら終了、というものではなく、

期末まで延々と見直しをするものなので、

見直しの変遷も含め、調書という見えるものにしておくべきだと思っています。

 

 

分析調書の雛形ができた暁には、うれしくて泣きながらご報告するとおもいます。

そして、分析のポイントなどもシェアできれば、と目論んでおりますので、

お楽しみにお待ちください!

NPOのイベント本番に向けて今年も焦ってます

カテゴリ: コラム 作成日:2021年06月30日(水)

こんにちは。ミライ経済Lab.株式会社 代表の神田千鶴です。

 

今回は監査役シリーズを1回お休みして、、、

私が関与しているNPO法人ブリッジフォースマイルで

2021年7月3日(土)に開催する 『コエール』 というイベントについて触れたいと思います。

いまは、このイベント準備であたふたしているのです。

 

 

『コエール』 は、 

親に頼れない子どもたちがいることを知ってもらうため、

そんな子どもたちの環境や想いを知ってもらうため、

知ってもらって、自分にできることを考えてもらうため、

 

かつて親を頼れない子どもだった若者たちが

スピーチをするイベントです。

 

今年は3回目で、昨年と同様、有料オンライン配信での開催です。

そして今年は去年より進化しまして、お申込者限定でアーカイブ視聴もできます(期間限定ですが)。

会場キャパの心配がない分、多くの方に視聴頂き

あなたのすぐ近くにもあるかもしれない事実を知って頂きたい、

と集客を頑張っております!

 

ぜひ、一緒に社会課題解決の当事者になりませんか?

視聴、お待ちしております、、、

 

詳細はコチラ↓

コエール 親ありき日本をこえる

https://coyell.b4s.jp/

NPOのイベント本番が無事に終了しました!が、、、

カテゴリ: コラム 作成日:2021年07月30日(金)

こんにちは。ミライ経済Lab.株式会社 代表の神田千鶴です。

 

前回6月のコラムでは、

私が関与しているNPO法人ブリッジフォースマイルの

 『コエール』 というイベント準備をしています、ぜひ参加してくださいね、

とお伝えしましたが、2021年7月3日に開催&無事終了しました!

 

今年は3回目で、完全オンライン開催は2回目だったのですが、

有料オンラインにも関わらず、昨年より多くの方が参加してくださり、感謝、感謝です!

イベントに参加してくださった方々、ありがとうございました!!

 

友人・知人から、個別に「参加してよかった。案内をありがとう!」というコメントも頂き、

「色々と考える機会になった」と言ってもらえると、

社会を変えるって、こういう小さな1歩からだよな、と実感します。

 

 

一方で、

今回のイベントに登壇してくださった岩朝しのぶさんがおっしゃっていたのですが、

社会課題に無関心の方々の耳目にも情報がふと届くようにしないといけない

意識的に情報を取りにいかなくても社会課題を知れるようにしないといけない

社会課題に関心の高い方々だけでは真に社会を変える事はできないから

というのは本当にその通りだと思っています。

 

『コエール』は、意識高い系の人たちの集会だよね、って思われて終わってはいけないし、

自分たちも、去年より多くの人に参加頂いたし、と安堵して

“自己満”に終わらせるわけにはいかないな、と改めて思っているのです。

 

今年はかつて親を頼れない子どもだった若者たち9人が、

自分たちの経験を踏まえ、社会課題だと感じることをスピーチしてくれましたが、

その9人の「社会を変えたい」という強い想いを、具現化していかなければいけません。

皆さんと共に、こういうちょっとした活動から、1歩ずつ進んでいけたらいいな、と思っています。

ソーシャルアクション | Coyell コエール (b4s.jp)

 

 

前回、監査役シリーズを1回お休みして、、、といいながら、2回お休みしてしまいました。

次回は、監査役シリーズに戻しますので、

お楽しみにお待ちください!

Copyright © ミライ経済Lab.株式会社 All Rights Reserved.